飲酒のサポート

心配している人と話す際の5つのステップ

飲酒問題を抱えているのではないかと不安に思う友人や家族と話すのは確かに不安を覚えます。 ただ、話をすることは重要でおそらく相手はあなたが切り出してくれることを本当はありがたく思っているはずですと、ドリュー・イェーガー氏は述べています。

心配している人と話す際の5つのステップ
心配している人と話す際の5つのステップ

他人、特に近しい人を助けたいと思うのは人間の性(さが)です。 大切な人が飲酒で悩んでいるのなら、私たちは彼らを助けたいと感じることでしょう。ただ、どのようにアプローチしたらよいのかと悩むかもしれません。

時々大切な人がすべきことは明白であると思うかもしれません。また、彼らが選んだ誤った選択によって深く傷つくことがあります。 また、ある人の飲酒問題を何年も目の当たりにして、自分は何もできないと無力感を感じるかもしれません。 そして、私たちの恨みや苛立ちは増大する可能性があります。

最終的には大切な人が変わることを信じることが大切です。 もちろん苛立たしい気持ちもわかりますが、彼らの心の準備ができるまでは変わらないかもしれないことを受け入れなければなりません。 ではどのように話したらよいか、ステップを見ていくことにしましょう。

飲酒問題を乗り越えた多くの人々は誰かに話しかけてもらいたかったと言っています。もちろん、そのときどのように反応したかはわからないと言ってはいます。

- ドリュー・イェーガー

対立ではなく会話をする

飲酒問題を抱えているかもしれない人と話をするときは、あなたが言いたいと思うこと(衝動)を無視してはいけません。 飲酒問題を乗り越えた多くの人々は、誰かに話しかけてもらいたかったと言っています。もちろん、そのときどのように反応したかはわからないと言ってはいます。

ただし、介入するのではなく、ただ会話をしているだけだということを忘れてはいけません。 リラックスしたフレンドリーな方法で話せるタイミングで話し、とにかく対立を避けるようにしましょう。

特に彼らが酔っているときはこの問題について彼らと話し合ってはいけません。 彼らは話し合ったこと、言われたことを何も覚えていないかもしれません。ただ彼らを感情的にさせるだけで終わってしまう可能性があります。 彼らが冷静になるまで待ち、それから主題について話し合いましょう。

共感しながら聞く

多くの人にとって飲酒問題は偶然にもアルコール自体に関係しています。 あなたの大切な人は仕事での心配事、人間関係の難しさ、または他の人と仲良くすることへのプレッシャーから飲酒をしているかもしれません。 うつ病と不安は共通する部分も多いため、彼らの生活の中で何が起きているのかについて率直に聞いてみましょう。

共感しながら聞きましょう。 彼らが話せるように、また彼らが語ったことを振り返る余裕をもちましょう。 彼らの考え方に異論があっても、まずは彼らの視点から彼らの人生について話を聞いてみましょう。 もちろん彼らにあなたの心配事を伝えることができますが、何をすべきかは言ってはいけません。

前向きな気持ちを思い出してもらいましょう

しばらく飲酒に苦しんでいる人は自分が変われると信じることができないかもしれません。 飲酒に悩む人の多くは本当は行動を改めたいと思っており、その昔お酒の量を減らしたり、やめようとしたことでしょう。 しかし、それを一人で行うことは困難であり、失敗するたびに自信を失っていったことでしょう。

飲酒問題を発症する前の生活も忘れているかもしれません。 なのでまず彼らに自分の良いところを思い出させることから始めてみましょう。 そして、彼らが思いついた解決策を実行するように促してみましょう。

彼らの良き友達でいたいのであれば一回限りの会話ですべてを解決できると思わないでください。 彼らの問題を解決することはあなたの仕事ではありません。ただ、あなたは彼らに大丈夫かと話を聞くことはできます。

あなたは彼らに変化を強く求めるあまりしつこく言い続けたい衝動に駆られているかもしれません。 しかし、彼らの問題に焦点を当てるのではなく、もしかしたらあなたが抱える問題に彼らを参加させることの方が効果的なのかもしれません。

- ドリュー・イェーガー

彼らにあなたを助けるように頼んでみる

心配している人があなたのパートナー、または同居する家族である場合、問題に取り組むことは特に難しいと感じるかもしれません。 ただ、他の関係の問題と同様に話すことで楽になることがあります。

彼らの行動であなたが傷ついた場合、あなたは怒りを大切な人に向けたくなるでしょう。 あなたは彼らに変化を強く求めるあまり、しつこく言い続けたい衝動に駆られているかもしれません。 しかし、より効果的なアプローチは彼らの問題に焦点を当てるのではなく、もしかしたらあなたが抱える問題に彼らを参加させることかもしれません。

例えば: あなたのパートナーが定期的に夜更かしをし、眠ろうとするあなたを邪魔し、そして彼らのいびきであなたが目を覚ますという日々が続いているのだと想定しましょう。 あなたはぐっすり眠れないことを相手に相談し、相手があなたのために何ができるのかを聞いてみましょう。 会話はあくまであなたの問題に焦点を当て、彼らの飲酒を取り上げてはいけません。そうすることで彼らはあなたのために何かを変えようとしてくれるかもしれません。

専門家のサポートを求める

もちろん簡単な解決策はありませんし、また変えること、多大な忍耐力を必要とします。 他人の飲酒問題があなたに悪影響を及ぼしている場合はまず自分のことをケアしましょう。 これはあなたが彼らと同居していたり、子供がいる場合に特に重要となります。 自分のケアをまずしないと他人の面倒を見ることはできません。

他人の行動を促すのは簡単です。ただし、どのようにしたらよいか明確に理解するために専門家のサポートが必要になる場合があります。 必要なときはヘルプを求めましょう。 飲酒問題はどのような関係であっても、最も直面する可能性のある課題の1つです。しかし、多くの人がこれを克服しています。