飲酒のサポート

アルコール使用障害とは何か?どのようにチェックできるのか?

依存の兆候と治療の種類を把握し、アルコール使用障害が飲酒問題であることをしっかりと理解することが大切です。

アルコール使用障害とは何か?どのようにチェックできるのか?
アルコール使用障害とは何か?どのようにチェックできるのか?

過剰に飲み続けている場合、あなたの飲酒習慣を再評価してもらう、およびアドバイスを求める必要があります

一部の人々にとって問題視される飲酒は一時的なものでストレスや他の問題に関連しているかもしれませんが、それでも彼ら自身、他人、そして人間関係を傷つける可能性があります。 行動を変えることで飲酒をうまく管理できます。もし飲酒問題を抱えているのであれば専門家にご相談ください。

ただし、過度にまた継続的に飲んでしまう人もおり、その場合飲酒が与える影響はより深刻なものとなります。 彼らは絶えずお酒を飲みたいという衝動に駆られ、禁断症状がおさまると次に不快な身体的影響を経験することがあります(1)。 飲みたい衝動にのまれてしまうと、幸せな気分を味わえる活動をやめてしまい、人間関係も断ち切り、生活のあらゆるものから目をそらしてしまうことがあります。 これらの症状はアルコール依存症(アルコール使用障害(AUD)と呼ばれています。 深刻な飲酒問題を抱えている人はおそらく専門家による治療を必要とします。

あなたの飲酒習慣が危険であるかを確かめる、また適切な行動を特定するのに役立つリソースをご利用いただけます。

もし自分自身ののお酒の飲み方に懸念をお持ちの場合は症状の重症度や習慣を変えるために何ができるかを判断するのに役立つツールがあります。 もしその懸念が他の誰かのお酒の飲み方についてであれば、これらのリソースを基に彼らをサポートすることができます。

まずAUDIT(アルコール使用スクリーニング テスト)(2、3)で飲酒度を確認することができます。 また専門家によるサポートを必要としているかどうかをAUDITでチェックすることもできます。テストはこちらから受けることができます。

専門家が介入することで、飲酒の動機や自分自身で変えられることを把握できます。 問題の深刻さによっては、介入によって行動を変えることができる場合があります。 このアプローチは依存していない人々を支援するために世界保健機関(WHO)によって開発され、変化を維持するのに効果的であることが証明されています(4-6)

AUDは多くの原因が複雑に絡み合うメンタルヘルス症状のひとつですが治療オプションはいくつかあります。

問題がより深刻な場合、介入だけでは十分ではない可能性があります(7)。 AUDはメンタルヘルスの症状であり、しばしば「アルコール依存症」と呼ばれています(1,8)。 AUDを患う人々はお酒を飲みたいという衝動に駆られ、禁断症状がおさまると次に不快な身体的影響を経験します。 飲みたい衝動にのまれてしまうと幸せな気分を味わえる活動をやめてしまい、人間関係も断ち切り、飲酒によって他人を傷つけてしまったり負傷させてしまう恐れがあります。

AUDの根本的な原因は複雑で人によって異なります。

AUDの原因は1つ以上であることが多く、様々な要因が絡み合っていることが多いのです。 また、AUDを発症する人と発症しない人がいる理由はたくさんあります。ただ問題のある飲酒が衰弱や道徳的な意識の減退を示している訳ではありません。

他の依存症やメンタルヘルスと同様に問題のある飲酒やAUDも治療できます。 どの治療法が最適かは問題の深刻さ、根本的な原因、そして個人によって異なります。 一部の人々にとってはAlcoholics Anonymousのような支援グループが合っているかもしれません。 一方、他の人々にとっては精神医学的治療やカウンセリング、またはお酒を断つ効果がある薬を服用することが合っているかもしれません。 治療または介入の過程がどうであれ、またあなた自身がAUDを患っている、またはAUDで悩む知り合いがいる、いないのいずれにせよ、支援的な環境とネットワークを用意することが重要です。