飲酒のサポート

飲酒と暴力的な行動との関係は何か?

飲むと攻撃的または虐待的になる人々がいます。 どうしてそうなるのか、どうしたらそうならないようにできるのかについてご確認ください。

飲酒と暴力的な行動との関係は何か?
飲酒と暴力的な行動との関係は何か?

アルコールは攻撃性を司る脳の部分に作用し、いつもなら抑えることができる攻撃的衝動の抑制を低下させます(1、2)。 そのため、中には過剰に飲むと虐待的または暴力的になる人がおり、喧嘩に巻き込まれたり、危ない運転をしてしまう恐れがあります。

加害者と被害者の両方について、暴力的な行動と過剰飲酒との関連性が示されています(3)。 専門家は暴力はメンタルヘルス、攻撃的で暴力的な行動を社会が受容している特定の状況といった多くの要因によるものと見ています(2、4-7)。 結局のところ、暴力はお酒を飲んでいない状況でも起こり得るのです。人はたいてい飲酒したからといって暴力的になることはありません。

飲酒に伴って行動が変化しますが、攻撃的な反応や行動に気づいた場合は飲酒をやめることが最善の方法です。 そして将来的にはいつ、どれだけ飲むかを再考しなければなりません。 医療専門家に相談することをお勧めします。

一方、ご自分の飲酒に不安を感じている、または他人の飲酒が心配な場合は、危険な状況から身を引き、信頼できる人に相談したり、またはサポート・保護施設などを利用することをお勧めします。